37歳男性 眼瞼下垂とまぶたのたるみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

410 views

38歳男性 真崎式二重術+下垂修正

真崎院長からのコメント

真崎院長

この男性の患者さんは、眼瞼下垂に加えて、まぶたのたるみも見られました。
まぶたは加齢によってたるむので、年配の人に多く見られますが、最近では30代、40代の患者さんも増えてきています。
まぶたのたるみと眼瞼下垂は、混同している人も多いのですが、正確にいうと違うものです。
まぶたのたるみは、文字どおり、まぶたの皮膚がたるんで垂れ下がっている状態です。
症状が重くなると、黒目の上にかかるぐらい皮膚がたるむこともあります。
一方、眼瞼下垂は、まぶたを開く筋肉の力が弱くなったり、機能しなくなったことが原因で起こります。
眼瞼下垂だけならば、埋没式挙筋短縮術でよいのですが、まぶたのたるみがある場合は、たるみのたくし上げも行う必要があります。

術前の写真

術前の写真

加齢による目もとの疲れた印象と額のシワが目立っていまし た。

術中の写真

術中の写真

左目(矢印)の手術終了直後。
右目にデザインを施した状態です。

術後2週間後の写真

術後2週間後の写真

手術前の疲れたような、弱々しげだった目の印象が変わり、きりっとした表情になりました。

37歳男性 真崎式二重術+下垂修正
眼瞼下垂でお悩みの方はお気軽にご相談ください!
真崎医院へ

眼瞼下垂についてお悩みの方は、真崎院長が直接診断致しますのでお気軽にご相談ください。
なお、地方のお客様には、来院されて1日で手術できるようにしっかりメールや電話にてカウンセリングさせて頂きます。
眼瞼下垂の名医を求めて現在も遠方のお客様が来院され手術を行っておりますのでご安心してください。